死海(しかい - The Dead Sea)

アラビア半島北西部の塩湖。
西側にイスラエル、東側をヨルダンに接し、湖面の海抜はマイナス418メートルで地表で最も低い場所になります。

海水の塩分濃度は約3%ですが、死海は約30%の塩分濃度を保っています。
塩分量は1リットルあたりおよそ230g〜270gで、湖底では300gを超えます。
塩分濃度g濃いため浮力が非常に大きく、人が死海に入って沈むことが困難というほどの浮力が働きます。
当然、生物の生息にはまったく不向きな環境で、魚類の生息は確認されていないようです。
生物のいない海という意味で『死海』と呼ばれているようです。

死海の周りの井戸水には多くの臭化マグネシウムが含まれていて、これより臭素が産出されます。
世界でもアメリカについで最大の産出地で、輸出額では現在も世界第一位です。
また死海の豊富な塩分から採取される塩化カリウムから化学肥料の生産も活発化しています。多くはヨルダンから我が国に輸出されています。死海付近には天然ガスの埋蔵も確認され、ガス田開発も計画されているようです。

死海の周囲の砂浜から、死海の塩分を多量に含んだ泥が採取され、化粧品や石鹸の添加物としても珍重され、バスソルトなどにも利用されていて、ぬるめのお湯に入れて入浴すればとても体が温まるそうです。
死海の写真サイト
出典: ウィキペディア(Wikipedia)

■美女とコスチューム Leg Avenue通販
■少女から女優まで 気になる有名女性
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。